banner

ユニバーサルデザインとは?

ホームページ制作のユニバーサルデザイン

ホームページ制作に関しては、今までのホームページで意識する事は利用者は若い人が多く、パソコンに詳しい人が多かったので単一的なイメージのページデザインでも問題がありませんでした。
しかし、一般の人にもインターネットやホームページの言葉がでてきて色々な情報を取得するようになりましたので、色々な事を考慮する必要がでてきました。
例えば、高齢者の人であれば、全体的にマウス操作が苦手な人が多いです。例えば、ダブルクリックやドラッグアンドドロップという複数のマウス操作をするケースなどがあります。また、高齢者の人は全体的に老眼がすすみディスプレイの文字が見えにくいということもあります。
高齢者以外にも、障害者の人にも利用しやすい環境にする必要もでてきています。目の不自由な方やマウス操作をやりにくい人にも利用しやすいホームページ制作をする必要がでてきます。

このようなホームページ制作を行うデザインをユニバーサルデザインといいます。
ユニバーサルデザインでは、年齢や性別に関係なく利用しやすいデザインに加え、健常者だけでなく体が不自由な障害者の人にとっても利用しやすいデザインを指します。
 この考え方は、近年では色々な家庭用品に用いたり、文房具にも考え方を導入しています。
このデザインを導入した例でいえば、一般的には、ハサミに関しては右利きの人が利用しやすいデザインにしていますが、右利きでも左利きでも利用しやすいデザインがあったりします。

このデザインでは、ホームページ制作に関していえば、ページが複数枚ある場合には、できるだけ機能を解り易く統一して使いやすいデザインにします。
このデザインを統一する事によって、利用者に安心感を与えることができます。この安心感がある事で使いやすいという印象を与えることができます。

他には、ボタンに関しても漢字の文字や英字の表記を利用すると、年齢層が低い幼児に対しては内容が解りません。
それに大してユニバーサルデザインを導入すると、ボタンに文字だけではなく絵文字などのアイコンを描く事で文字が読めない人に対しても利用する事ができるようになります。

このようにホームページ制作には今後は、狭い業界やターゲットのユーザーが限定されるという事が考えられても、多くのユーザーに見てもらうチャンスを上げる為にも、ユニバーサルデザインを積極的に導入する必要があります。
このホームページ制作のユニバーサルデザイン導入は必須の条件になってきています。

Copyright(c) 2014 ホームページ制作を考えた時の極意をまなべ、安くてハイクオリティなものができてしまいますAll Rights Reserved.