banner

地図を埋め込み

地図を埋め込みホームページの印象を上げる。

ホームページには色々な情報を提供します。
それは、飲食店の情報提供したり広告する為の必須ツールにホームページはなっています。
その理由としては、新聞の広告や、折込広告などの紙媒体と比較して大きく異なる点があるからです。

紙媒体の広告でも地図を表記しますが、グーグルなどの情報提供サイトの埋め込み画像を掲載しても効果的ではありません。
なぜなら、閲覧する人との関係性がないからです。

しかし、ホームページでは大きく異なります。それは地図を埋め込む事によって大きく情報に差が出てしまいます。
その理由としては、スマートフォンの普及が大きく関係してきています。
スマートフォンには多くの端末にてGPSのアンテナを搭載しています。
このGPSアンテナを搭載していると、地球上のどの場所にいるかを正確に把握する事ができます。

この事により、飲食店の位置情報と比較する事ができます。
飲食店との正確な位置と自分のいる位置関係が正確に解る事によって移動時間や移動距離を把握する事もできますし、渋滞情報に関しても把握する事もできます。
 これは、スマートフォンの普及により、旅行などで見知らぬ土地で飲食店を探す場合に大いに役に立ちます。
それは地図を閲覧すると近隣の飲食店を中心に探すことができるからです。

しかし、注意点としてパソコンにてホームページを閲覧する場合にはホームページを印刷するケースがあります。
埋め込み地図を印刷すると、詳細な正確な情報を印刷する事になるのですが、印刷した状態ですと上記で示したように閲覧がしにくい状態になってしまいます。このような状態を避けるためにも、既存にて普及している目立つ建造物のみを記載した概略図を併用して掲載するほうが見難いと感じる人が少なくなります。

このように、今までは飲食店の名前と主要な料理など記載していれば、問題がありませんでした。
しかし旅行に行く場合でも、地元の名物料理などを事前に調べるというのが、旅行の下調べをする人が多くなってきました。
理由としては、スマートフォンの普及により現在地と飲食店の位置を比較できるようになったので、移動時間を正確に把握できるようになった事が大きいです。

また、料理のメニューや景色の綺麗な席などに関しても事前収集をする事が可能になりましたので詳細な情報掲載する事が経営者にとっては売上向上に必要な作業になります。

このようにホームページの制作や運営に関しては色々な情報を考慮する必要があります。

Copyright(c) 2014 ホームページ制作を考えた時の極意をまなべ、安くてハイクオリティなものができてしまいますAll Rights Reserved.