banner

最近の投稿

ホームページ制作を格安で

ホームページ制作を格安でつくるために

ホームページ制作と言っても、中にはいろいろな方法があります。特に最近は安い制作方法がいくつもあり、安く作れる会社も数多く存在します。
ただし、やはりいくつか安く作る方法はあるものです。

まず、何と言っても安いことを重視するのであれば、いっそ自分で作ってしまうというのはひとつの方法でしょう。すべてを自分で作ってしまえば、人に頼む手間もなく簡単に作れます。ホームページ制作のためにパソコンやホームページを作る言語を学ぶ必要はありますが、それでもネット上で調べたりするとコストはそこまでかかりません。特に名刺代わり程度のものであれば、自分で作ってしまうほうが早くて楽、ということもあるものです。

ただし、ある程度デザインにこだわりたかったり、デザインをプロにしてほしいというような場合は、いくつかの製作会社に相談してみるといいでしょう。

この時に大事なのは、自分がどのようなホームページを持ちたいか、ということです。数ページ程度の簡単なものでいいのか、それとも定期的に更新をするようなものがいいのか、ネットショップを作りたいのか、というようなホームページ制作の目的が明確にならないことには、見積もりを作ることもできなくなってしまいます。最近のホームページ制作には様々なこだわり方が出来るのです。SNSを活用ししっかりとしたネットワークを作ることを意識している人もいれば、ホームページ制作によりお客様に広く情報を宣伝したいというような人もいますし、デザインにこだわりたい人や、とりあえずホームページがないと話にならないから、というような人もいます。ホームページを持つ目的はいろいろなものがありますので、安いということだけにこだわらず、自分がどのようなことをしたいのかということが大事なことになります。

また、最近はホームページ制作の会社の数も増えています。安い会社は多くありますが、本当にあなたの期待するものがあるかどうかはその会社の技術力次第です。

最近はある条件を提示し、複数の会社で見積もりを取り一番安い会社に、というところも増えています。価格を重視するのであれば、そのような見積の取り方も大事なことといえるでしょう。この場合は、複数の会社に同じ条件を提示し、同じ条件で出来るかどうかをチェックするだけではなく、いくつかの会社と関わることでその会社の技術力がどのくらいかをチェックすることも出来るというのが狙いです。

ポータルサイトをつくる

ホームページ制作,ポータルサイト

ポータルサイトを作る場合、重要なのは人が知りたい、あるいは使いたいと思っている情報や機能をホームページに掲載していくということが大事になります。

たとえば、国内で有名なポータルサイトの場合、ニュースや天気予報、株価などの経済情報が掲載されています。また、オークションなどが使えるようになっている所もあります。

勿論、掲載されているニュースなどの情報は短い期間で更新されています。新しい情報を掲載することで人が集まってくるからです。
なので、ホームページ制作でポータルサイトを作る場合は、情報ソースをたくさん確保しておくというのが重要です。もし、ホームページ制作の予算が充分にある場合は、新聞社などからニュースを買うというのも一つの方法です。

また、ライターを雇って、定期的に記事を書いてもらうというのもいいでしょう。ライターを雇うメリットとしては、新聞社からニュースを買う場合と比べて、オリジナルの記事を確保出来るというものがあります。検索サイトは、他のサイトでは見られないオリジナルの記事があるサイトは価値が高いという風にランクづけしているので、SEOの効果もあります。

最近流行っているのは、ブラウザゲームが出来るようにするという仕組みです。たとえば、ゲームを遊ぶためだけであれば無料で、ゲームを有利にプレイするためのアイテムは有料という風にすると、ゲームにはまった人はお金を出してアイテムを買ってくれるので、ホームページから直接利益を得られます。そうすると、ホームページ制作費もすぐに回収出来る可能性があります。

ゲームを出来るようにするメリットは、他にも会員数を増やせるというものがあります。というのは、友人がゲームをプレイしている場合、同じゲームをプレイして共通の話題にしたいという人が少なくないからです。

ただ、ポータルサイトでゲームを出来るようにするためには、ホームページ制作会社とは別に、ゲーム制作会社と契約しなければならない可能性も出てきます。なので、ホームページ制作費は当然、割高になるでしょう。

制作費を回収出来るぐらいの人気ゲームになるかどうかを調べるためには、リサーチが重要です。リサーチ不足で、まったく人気の出ないゲームを作ってしまうと、制作費は回収出来ないということもあり得るので注意しましょう。また、人気が出た場合は、サポートが重要になってきますので、サポート要員を確保する必要が出てきます。

オフラインで保存

ホームページ制作,保存,オフライン

商品の紹介であったり、日記の発信であったり、ホームページは様々な場面で活用されています。ホームページ制作は難しいものではなく、誰でも簡単にできます。作り方は主に2種類あって、それは手書きでの作成とソフトを利用しての作成です。簡単なホームページ制作であれば、手書きで1週間ほどで作成することが可能です。しかし凝ったホームページとなるとソフトを利用しないと厳しいです。現在は手書きで制作する人は少なく、多くはソフトを利用して作成をしています。

手書きにしろソフトにしろ、必ずオフラインで作成され、パソコン上に保存されます。ネットに公開をしていないため、好きなだけ編集することができます。アイコンを付け加えたり、メニューを変更したり何でもできます。保存できるファイルは無限に増やすことができるため、自分が納得できるデザインが出来上がるまで繰り返すと良いでしょう。

完成したら、ネット上にアップロードをして公開をしましょう。ネット上に公開するためには、必ずホームページ用のスペースを確保する必要があります。現在は広告が入ったりしますが無料でスペースを貸し出してくれる業者があるので、そちらを利用すると良いでしょう。広告が嫌だというのであれば、有料の業者を使うのも良いです。業者によって表示される広告やスペースの上限が違うため、自分のホームページのテーマに沿った業者を選ぶと良いです。料金も違うため、調べてみると良いでしょう。

さて、一度アップロードしたホームページは修正することができません。修正が必要であれば、またパソコン上に戻してホームページ制作ソフトを利用する形になります。なので一度ホームページ制作を終えたファイルは消さないでおくようにしましょう。ネット上にアップロードしたからといって安心してはいけないのです。

ホームページ制作は誰でも簡単に行うことができますが、ここら辺の注意が必要です。特に初心者の場合、ネットにアップしたものを修正できると勘違いしていることがあります。もしわからないことがあれば、スペースを提供している業者のホームページなどで確認をすると良いでしょう。カスタマーセンターが充実している業者もあるので、そちらを利用してみるのも良いです。ホームページ制作はオフライン上であれば、何度でも修正することができます。テストを重ね自分オリジナルあるいは企業オリジナルのホームページを制作してみると良いです。

乗り換えについて

ホームページ制作,乗り換え

ホームページを制作するのならホームページ制作用のソフトウェアにも十分なこだわりを持つべきです。とりあえずホームページを作ることさえ出来ればソフトウェアは何でも良いと、そう思えるのは上級者の熟練したユーザーです。ホームページの仕組みなどを熟知していればテキストエディターなどでコードを打ち込むだけでもホームページの作成は可能です。熟練したユーザーならそういった作業でホームページを作ることも出来るので、専用のホームページ制作用のソフトウェアの機能などには頼らずに済むのです。

しかし初心者や初級者や中級者のユーザーなら、便利で高機能なホームページ制作用のソフトウェアを使うのが得策です。高度な機能を持つ制作用のソフトウェアならナビゲーションもグラフィカルユーザーインタフェースも非常に良く出来ていて、ホームページ制作でできることの幅も広がり、製作スピードも大いに早くなります。高度なソフトウェアは初級者のユーザーにも便利で親切なナビゲーションが豊富なので良いのです。特に有名なソフトウェアなら専用の解説本などの種類も豊富で使い方の勉強にも困りません。

逆に中途半端なホームページ制作用のソフトウェアを使っていたり、フリーソフトで済ませているようなユーザーだと余計な苦労をしている場合もあります。便利な機能や優秀なナビゲーションなどが無いのでユーザーの腕でカバーする必要が出来て、そのためのスキルや知識が足りないために、ホームページの制作の作業を遅らせている場合もあるのです。ですので今よりも高度なホームページ制作用のソフトウェアに乗り換えて機能面を強化して作業に臨むのがお勧めです。

ホームページ制作用のソフトウェアを高度なものへと乗り換えることで、制作の環境を大幅にアップグレードできます。それほど高度なスキルや知識を有していないユーザーでも、手軽に高度なホームページが作れるほどに最近のソフトウェアは進化しています。だからこそ今のホームページ制作用のソフトウェアから、新しく高機能なソフトウェアに乗り換えるメリットが有るのです。

特に古いソフトウェアを使い続けているのなら、乗り換えで大きな恩恵を受けられる場合もあります。デメリットが有るとすれば慣れたグラフィカルユーザーインタフェースを手放すことです。しかし洗練されている最新のデザインは慣れるのも早いので、今からでもソフトウェアを乗り換える価値は十分にあります。

ユニバーサルデザインとは?

ホームページ制作のユニバーサルデザイン

ホームページ制作に関しては、今までのホームページで意識する事は利用者は若い人が多く、パソコンに詳しい人が多かったので単一的なイメージのページデザインでも問題がありませんでした。
しかし、一般の人にもインターネットやホームページの言葉がでてきて色々な情報を取得するようになりましたので、色々な事を考慮する必要がでてきました。
例えば、高齢者の人であれば、全体的にマウス操作が苦手な人が多いです。例えば、ダブルクリックやドラッグアンドドロップという複数のマウス操作をするケースなどがあります。また、高齢者の人は全体的に老眼がすすみディスプレイの文字が見えにくいということもあります。
高齢者以外にも、障害者の人にも利用しやすい環境にする必要もでてきています。目の不自由な方やマウス操作をやりにくい人にも利用しやすいホームページ制作をする必要がでてきます。

このようなホームページ制作を行うデザインをユニバーサルデザインといいます。
ユニバーサルデザインでは、年齢や性別に関係なく利用しやすいデザインに加え、健常者だけでなく体が不自由な障害者の人にとっても利用しやすいデザインを指します。
 この考え方は、近年では色々な家庭用品に用いたり、文房具にも考え方を導入しています。
このデザインを導入した例でいえば、一般的には、ハサミに関しては右利きの人が利用しやすいデザインにしていますが、右利きでも左利きでも利用しやすいデザインがあったりします。

このデザインでは、ホームページ制作に関していえば、ページが複数枚ある場合には、できるだけ機能を解り易く統一して使いやすいデザインにします。
このデザインを統一する事によって、利用者に安心感を与えることができます。この安心感がある事で使いやすいという印象を与えることができます。

他には、ボタンに関しても漢字の文字や英字の表記を利用すると、年齢層が低い幼児に対しては内容が解りません。
それに大してユニバーサルデザインを導入すると、ボタンに文字だけではなく絵文字などのアイコンを描く事で文字が読めない人に対しても利用する事ができるようになります。

このようにホームページ制作には今後は、狭い業界やターゲットのユーザーが限定されるという事が考えられても、多くのユーザーに見てもらうチャンスを上げる為にも、ユニバーサルデザインを積極的に導入する必要があります。
このホームページ制作のユニバーサルデザイン導入は必須の条件になってきています。

メールフォームの設置

ホームページ制作するならメールフォームの設置も考える

ホームページ制作を考える場合、サイトを訪問してくれるユーザが、意見や希望を送りやすいようにメールフォームを用意するのが一般的です。

連絡を取るだけならメールアドレスを載せておく方法もありますが、そうすると、ユーザはメールソフトを起動してアドレスを入力する必要があります。その手間が面倒なために意見を送ることをやめてしまうことが考えられますし、載せているメールアドレスを自動で収集して迷惑メールを送る仕組みがたくさん動いていますので、大量の迷惑メールが送られてきてしまいます。

このようなことから、通常はホームページ制作時に最初からメールフォームを用意して使用することを考えます。

メールフォームを使うことで、ユーザからの意見・要望を吸い上げやすくなるだけでなく、どのようなユーザが見ているのか、そのユーザの性別や住所、年齢などの属性も合わせて入手することができます。ユーザや見込み客の属性が得られるというのは非常に重要です。

メールフォームを使うことにしてホームページ制作を行うとした場合、どのようにしてフォームを動かすかは事前に検討しておく必要があります。フォームを動かすためには、cgiを使うことになりますが、cgiが使える環境かどうか、そしてフォームからメールを送信するプログラムが動くかどうかなどです。

プログラムに関しては環境の話になりますので、ホームページ制作を決定した段階でどのようにサーバを構築するかを決めるはずです。そこで一緒に検討することになります。また、プログラムを使わない(使えない)場合は、フリーで使えるフォームを使うことになります。

メールフォームの設置では、ひとつだけ注意しなければならないことがあります。自動でフォームにデータを勝手に入力して、大量に送信しようとするものがいることです。フォーム送信のプログラムのつくりが悪いと、サーバを乗っ取られてしまうようなデータを送り込まれてしまうことが考えられますし、実際に実例があります。

余計な種類のデータを入力されたら、はじいてメールとして送信しないような、そのような仕組みをしっかり組み込んでおくこと、つまりセキュリティに対して意識したつくりになっていることが重要になります。

ホームページ制作は、情報発信のために必要な作業ではありますが、セキュリティ面についても、最初から十二分に検討しておくことが、実は発信と同じくらい重要なのです。

デザインに悩むなら

ホームページ制作のメニューのデザインに悩むなら

ホームページ制作というのはひとつひとつにそれなりの知識と技術を要する作業になります。作業とはHTMLやCSSに始まり、もちろんサイト全体の構成に関しても自分で考えなければなりません。もちろん、参考にするページはあるでしょうが、それでも随分と骨の折れる作業になりますよね。

デザインを考えるときにはもちろん実際に作る時のことを考えなければなりません。
そのホームページ制作のデザインで意外と盲点になりやすいのが、メニューの部分です。

会社のホームページなら会社概要や採用情報が、あるいは情報を集めているところならジャンルなどが書かれているところです。
ここは、サイトに訪ねてきた人がほぼ必ず利用する部分でありますので、ここで独自の色を出すことはすなわち、サイトのデザインを秀逸なものにすることにもなるのです。

最も一般的なのは、サイトの比較的上部に存在し、横書きで並んだ形のメニューです。この場合には背景と文字の色やフォント、余白の大きさなどで変化をつけることがあります。初めてサイトに来た人にも見つけやすく、かつ一般的なものになります。ホームページ制作を行うのならだれでも一度は作るであろう形です。

この横書きのものにも、文字の横にデフォルメされたイラスト(例えば書籍を説明する場合には本の絵)をつけてみたり、日本語の下に英語のメニューを載せてみるなど工夫は尽きません。文字を縦書きで表示することは独自色を出しやすく、うまく利用すればサイトの雰囲気を自由に操れます。

また、文字ではなくメニューの囲みをタブの形にし、マウスをのせることで色が切り替わったり、位置が少し変わるなどをすれば利用者にとってわかりやすいものとなるでしょう。

この位置を一番下の位置においても同様の工夫をすることが可能です。
メニューをホームページの中央におくことは最近頻繁に行われることです。
この場合は文字に限ることなく、比較的多きめの画像などを使用することがあります。

特に近年増えてきたのが、丸に囲まれた表示です。丸が横にいくつか並べられ、それぞれの丸の中にジャンルなどの文字が書かれているこの形は、シンプルであるにもかかわらずかわいらしさを表現できます。

他に四角形になってる場合もあります。四角形の場合は基本、一段から三段ほどに分けて並べられ、大きくそのジャンルに関する画像と、その下に説明文というような形のものが多く、また、利用者としても使いやすいという、とても親切な設計です。
他にも、丸や四角だけではなくそのサイトの趣旨に合った形の中に文字が書かれているものもよくあります。

この種類のものは特にレイアウトの自由度が高くある程度ホームページ制作になれないと使いこなすことが難しいので、ホームページ制作を始めたばかりの時は単純な横並びのものなどに挑戦してみるといいでしょう。

ホームページ制作の契約書

ホームページ制作の依頼する契約書

ホームページ制作の依頼する契約書を交わして、独自の物を制作してもらう事を業者に委託する事が出来て、出来栄えなども無料のタイプとは違い凄く見やすく分かり易い作りとなっていて世界に一つだけの物となります。

ホームページ制作の業者に依頼をする際には、契約書を取り交わす事となります。契約書のフォームは出来ていてテンプレートに埋め込む様に作成していきます。

やはりホームページと言う物は、会社の顔となります。イメージアップの為には、無料のサーバーなどで簡単なタイプを使う事でも対応は出来ますが、やはりホームページ制作のプロの技術に任せるとより良い企業イメージにピッタリ合う様なものを制作してくれます。

簡単な物でも、所在地図や店舗紹介など簡単な説明は当然作る事が出来る様でレンタルサーバーの要領は限度がある為あまり重たい動画などを掲載する事は出来ないかも知れません。凝ったホームページ制作をする為には、やはりプロの技術に頼る方がより良い物が作り上げる事が出来る様です。

ホームページ制作をご自信で行っても抜けがない様に出来ると良いものが出来ますが、無料の物なら使っている企業も沢山あってオリジナリティーにはかけてしまうかも知れません。やはり会社を紹介する為には、必要不可欠なものなのでその辺りに関しては出来るだけこだわりを見せていく事も企業イメージを作る意味でも重要ですし、売り上げアップも見込めるかも知れません。

そのぐらいホームページと言うものに関しては、利用者もナーバスになっていて特に病院やクリニックを初めて利用しようと考えているのならば、まずは検索などでホームページを探す事から始める様です。そうすればクリニックや病院のクチコミなどが掲載されていたりして、その情報を充てにする事も考えられる様です。

現代の様な情報化社会においてインターネットを使っての検索などで調べたりする事は、良い事も悪い事も同時に情報として目に飛び込んで来ます。その情報を信じて行動を取る人も多い様で、その意味からもホームページのない企業にはなかなか進んで尋ねてくる事は現実的に少なくなって来ているのかも知れません。

しっかりとした実績あるホームページ制作の業者に契約書を交わして、より良い物を制作してもらう事は企業にとってもとても重要な事となります。その意味合いは、これからの企業の存続にも影響を及ぼす可能性もありしっかりとした情報を与えるより良いイメージの物を制作したい所です。

Copyright(c) 2014 ホームページ制作を考えた時の極意をまなべ、安くてハイクオリティなものができてしまいますAll Rights Reserved.